スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこ仮面ライダー攻略3 鳴き 

今回は鳴きについて見ていこうと思います。
鳴きの数を左右する一番の要素はもちろん、「ハカマ」と呼ばれる部分の釘の道とチャッカーの上に付いている「足釘」と呼ばれる釘です。
ではハカマ付近の釘を見てみましょう。

色が塗ってある部分が基本的に重要な釘です。
先ずはこの入り口が空いてなければ仕様が無いですね。
風車下の青く塗ってある釘の間隔が広くなっていれば、当然ここに飛び込んできやすいです。ただ、この釘は風車の陰になっていますので、意識的に見ないと見落としがちです。きちんとチェックしましょう。無調整までは許容範囲ですが、できれば広がっている台を選ぶようにしましょう。
また、初心者の方はあまり意識しないと思いますが、風車がどちらを向いているかも、ここに玉が飛び込んでこれるかを左右します。ここも他の釘同様、曲がっている方向の逆に玉が流れやすいです。と言う事は上を向いているとスムーズに玉が流れて行きやすいですね。無調整までは特に問題無いですが、露骨に下を向いている場合や、左右に曲がっている場合はまず回収台です。近寄らないようにしましょう。

続いて、下のハカマの入り口の緑色の釘です。
ここに玉が進入してくれれば、とりあえずはチャッカー付近までたどり着けます。当然広がっているのが望ましいですね。無調整だと、どうかなあ、と言う感じですね。他の要素との兼ね合いになってきます。

さて、ここからが重要です。
まずはチャッカー上の足釘です。
もう一度画像を見てみましょう。線を引いてみました。

左側が鳴きの命釘、つまり最重要な釘、という事です。
どういう事か言うと、画像を見てお判りの通り、ハカマに対して左側の足釘が中心の方にずれています。
左側が無調整の場合、せっかくハカマを抜けてきた玉がことごとく左足釘にぶつかって、鳴きを邪魔されてしまう危険性が高い、という事です。
つまりはこの赤の命釘、これが多少でも左側に開いていないと、鳴き数で厳しい戦いを強いられる事になります。右側「だけ」を開けて、さも鳴きが良さそうに調整している台をよく見かけますが、いわゆる騙し釘です。右側も開いているのが好ましいのは当然ですが、先ずはとにもかくにも左です。
左側が無調整なのはマイナス調整なのと同義です。とりあえずここに力点を置いて、他の釘を見ていく感じがいいでしょうね。

さて、続いてハカマ入り口下の水色と赤色に塗った釘です。
これが初心者の方には見づらいし、分かりづらいかもしれません。
ここは今までの釘と違って「間隔が狭い」のが望ましいのです。
どういう事かと言うと、ハカマ内部の間隔が広くなっている場合、中で玉が左右に暴れることで、チャッカーに向けて玉が真っ直ぐ落ちて行ってくれません。するとどうなるかと言うと、チャッカー上の足釘に弾かれやすくなる訳です。
足釘が余程広がっている場合以外は、ハカマの中心に近いところを抜けていった玉以外はそうそうチャッカーに入ってくれません。
つまり、風車下、ハカマ入り口がきっちり開けてあっても、一緒に下の釘まで開けてあった場合、足釘の上で玉が踊るばかりでさっぱり鳴きに結びついてくれないでしょう。
騙し釘と言う奴です。
釘の見方をよくわかっていないと、やたら広くなったハカマが鳴きをプラスに調整しているように見えてしまいます。ここは注意しましょう。

さて、実際の調整ですが、水色の釘は無調整ならオーケーです。これ以上間隔を狭めると玉が引っかかりがちですので。問題は3段目の赤と青の釘です。特に左側ですね。これは真正面から見て、釘の頭の間隔が上の水色の釘と同じくらいの幅程度に調整されているのが理想です。そうすると、ハカマに入ってきた玉が一直線にスポッと抜けてくれます。右側も多少は閉じて有ったほうがいいですが、右側だけ閉じられても意味が無いので気を付けて下さい。
右閉じ、左開け、要するに3段目の釘が両方左を向いていたら最悪そのものです。明らかに騙しに来てますのでそういう台は寄りを含めて勝てる調整にはなっていないと思います。

足釘が大してプラス調整になっていなくとも、ハカマがしっかりプラス調整にしてあれば鳴きはだいぶ良くなります。慣れない内はちょっと見づらいですが、意識して見るようにしましょう。
と、いう所で釘の理想の向きを加えて画像をもう一度見てみましょう。



特にそんなに難しい事は無いですので、意識して見るようになればすぐに分かるようになるでしょう。
実際問題、ハカマと足釘がしっかりプラスになっていれば他は無調整でもいい位です。ただ、ハカマの間隔を狭めてプラス調整にする事を「ハカマをしぼる」と言いますが、少なくとも近隣ではハカマをきっちりしぼってくれる店はそんなに多くないですね。
金額辺りの鳴き数を、例えば1000円15回に調整しようと思った場合、ハカマと足釘をバランスよく調整するよりも、足釘をガバッと開くだけにした方が見栄えが良くなるからでしょう。
ハカマはある程度慣れた人しか見ませんが、足釘はほとんどの人が見るからです。初心者の方でも足釘がガバッと開いてあれば、「なんかよさそうだ」程度には思うでしょうし、足釘が開いていないと打ってくれない人も多いですしね。

そういう意味ではハカマをきっちりしぼってあれば、店がキッチリ出しに来てくれている可能性が高いです。しぼらなくても良いハカマを「わざわざしぼってくれている」と言うことですから。
まあ、これは店によりけりです。色んな店を見て回ると面白いですよ。

さて、ここまで釘を見てきましたが、実際どの位鳴けばいいのでしょうか。
寄り釘がデフォルトでしたら「最低で」1000円で12回、寄りが良くても最低10回、と言う所でしょう。
実際にはそれぞれ2,3回ずつの上乗せは欲しい所ですが、役物が良ければ勝負にはなるでしょう。無論、役物が悪ければ20回近くは鳴いて欲しいです。
実戦では1000円単位でのバラツキはとても大きいですので、釘が良くて鳴いているのか、たまたま鳴いているのか、を考えながら打っていく事が釘見の技術の向上につながるでしょう。当然、逆も然りです。

初心者の方は特に、なのですが、もし早めに持ち玉遊戯に成った時には、計量カップ等を使いながら、金額辺りの鳴きを計っていくと良いと思います。実際の鳴きと釘を比べていく事で、「この釘ならこれくらい鳴く」と言う感覚を養って行くと良いでしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/5-eda9a772

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。