スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ミラクルカーペット攻略4 鳴き 

今回はミラカペの鳴きについて見て行こうと思います。
とりあえず2チャッカー付近からです。

ここは特に変わった事はありませんね。
基本通り「入り口広く、中狭く」が良調整です。
足釘の右側が、ハカマに対して若干内側にずれています。ですから、右側の足釘の方に重点を置いて見ていくと良いでしょう。とは言ってもズレはあまり大きくありませんから多少のプラスで問題ありません。
鳴きを削ってくる場合、風車下とハカマ入り口をいじってくる店が多いと思います。ちょっと見づらいですが、この4本が内側に閉じていないかしっかりチェックしましょう。
むしろこっちの方が重要度は高いのかもしれません。

そしてある意味一番重要な釘があります。風車の上の方を見て下さい。

セブン機の道釘に当たる部分です。ミラカペは本来ハカマに至るまでに無駄玉が出づらいゲージです。それ故、ハカマ・足釘付近の調整がそこそこでも意外と鳴いてくれるのですが、そのゲージの特性を左右する釘です。
ここで赤く囲んだ部分の間隔を広げられると、ハカマに到達する玉が減りますので鳴きは当然悪くなりますし、当然アタッカーに届く玉も減りますから出玉の減少にも直結します。
ここが広げられていないかしっかりとチェックしましょう。
狭まっていれば言う事無しです。

最後に3チャッカー、アタッカー周辺です。
ヘソ
3チャッカーは普通の機種の場合、2チャッカーに当たる位置ですね。
例えば、ニューギンのハネモノの大半やレレレに関しては、2チャッカーは単純に開放数が2倍になるのみならず、スペシャルルート突入率を大幅に上げてくれると言う重大な要素でしたが、ミラカペの場合はさしたる特典もありません。
クセが悪い台にとってはただただ無駄玉を発射する時間が伸びる程度の意味しか無かったりします。ですので、正直、あまり気にしなくても良い要素ではありますが、一応プラスになってるに越した事はありませんね。これも基本通り、中央が上、左右が外に広がっているのが良調整です。マイナスになっていなければ良しです。

そして出玉の量を左右するアタッカー付近の調整です。
まず、アタッカー直上の赤く塗った釘です。当然外に広がっていれば良調整です。無調整でも問題ありません。明らかに内側に狭まっていれば当然マイナスなのですが、ここを露骨に占めてくると言うのはもうダメな気がします。
店として「上手く騙す気すら無い回収台」の可能性が高いです。もっとも、出玉を削って当り回数で見せにくる店舗もあるので一概には言えませんが、店の方針や状況で判断してみてください。
そして赤く囲んだ4本の釘です。これも先の風車上の釘同様、こぼれる玉の量を調整する役割です。実際に出玉を削ってくる場合はここでの調整が多いですね。明らかにマイナスでしたら、寄りや鳴きで特筆すべき要素が無ければ敬遠すべきでしょう。

鳴きに関しては以上ですね。
後はネカセの影響やストロークなんかをおいおいやっていきたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/41-11331ac7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。