スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこ仮面ライダー攻略9 止め打ち 

止め打ちについて考えてみます。
ここで言う止め打ちとは、ラウンド抽選中やラウンド間の無駄玉を減らす為の止め打ちではなく、通常時に大当りを目指す過程で行う行為とします。
人に因っては、止め打ちと言うと何か小難しい高等テクニックのようなイメージがあるかと思いますが、さして難しい事は無くスタートチャッカーに玉が入ったら一瞬打ち出しを停止させるだけです。
では、この行為に何の意味があるのか、わからない方の為に簡単に説明します。

鳴きに対しての羽根の開放のタイミングは一定です。しかし、羽根の開放に対して玉の打ち出しのタイミングはランダムです。打ち出しかスタートチャッカー到達までの時間が一定では無いからです。
しかし仮に、羽根の開放に対して打ち出しのタイミングが一定であり、且つ打ち出される玉のコースも不変であったとしたらどうでしょう。
当然、拾われるタイミング、コースであれば100%拾われる事になりますし、拾われないタイミング、コースであれば100%拾われない事になります。
つまり、鳴きに対して打ち出しのタイミングを調節する事で、コースが合えば限り無く100%に近い拾いを目指そうと言うのが止め打ちと言う行為の目的です。
無論、実際にはバネや釘の都合もありますし、100%同じ弾道でパチンコ玉を発射出来る機械も、またそれに耐えられる精度のパチンコ玉も、1/100秒単位で打ち出しのタイミングを調節出来る遊戯者もいませんから、100%には遠く及ばない結果しか出せませんが、それでも十分な効果はあると言えるだけの結果は出せるでしょう。
実際の効果の程はバネムラや寄り釘の都合も含めて、羽根の開放に対する拾いの確率を5%~15%程度上げられれば上出来かなと言う所です。
著しくバネムラのひどい台や寄りの芳しくない台ではむしろ逆効果になることもありますし、打ち出しのタイミングを自ら狂わせる事にもなりかねませんので、そうなればそれだけ拾いづらくなります。
やってみるかどうかは個人の技量と台に相談の上、と言う所ですね。

さて、実際に打ち出しを止めるタイミング、再開するタイミングです。
打ち出しを止める瞬間に関しては特に問題無いでしょう。スタートチャッカーに入賞が確認できたらすぐに、ですね。ハカマを玉が通過している位のフライング気味なタイミングでも、「鳴かなかった時に打ち出していない不利益」というのは当然存在しませんから、問題はありません。
打ち出しを再開するタイミングですが、自分はほとんど音だけ聞いてやってますので、客観的なタイミングを伝えるのはちょいと難しいですが、チャッカー入賞とともに鳴り響く「ジュゴーン」と言った音が静かになるかどうかのタイミングで打ち出しを再開する事が多いです。
「多い」と言うのはストロークやバネの勢いで羽根に到達するまでの時間は変わってきますから、それに応じて早くしたり遅くしたりという微調整があるからです。
これは実際にやってみて感覚を養う他は無いでしょう。
ハンドルはコインなどで固定して、打ち出しの中断と再開はアース部分へのタッチのみで行うとやりやすいでしょう。
技術的な観点からは以上ですね。

さて、ここからは実際に行う場合の問題点など。
5月1日以降の改正風営法の施行と運用の変化でハンドル固定の禁止が徹底された店舗、地域などがあると思います。ハンドル固定が出来ないと微細な止め打ちとかは少々厳しいですね。出来るスキルがあれば問題ありませんが、無理にやらない方が無難でしょう。
もう一点大きいのがローカルルールの存在ですね。
止め打ち、単発打ちなどを禁止してる店はそれなりに多いかと思います。
ライダーの場合は「ものすごく大きな効果がある」機種ではありませんから、あまり細かく言って来ない店が多いとは思いますが、中には「イヤミのここで一発」等止め打ちの効果が大きい機種と対応を一律にしたいという意図から止め打ちを注意してくる店もあります。また連日、勝っていると「注意されるようになる」ケース等もありますね。いわゆる「目を付けられる」パターンです。
いずれのケースでも理不尽だとは思っても店に逆らわないようにしましょう。そもそも普通に打って十分に勝てる台が有る店でしたら、止め打ちで出禁になるのも馬鹿馬鹿しい話ですし、基本的にパチンコ屋はローカルルール優先の空間です。
また、ホルコンでデータをきちんと監視してるような店では、ライダーの止め打ち程度でもしっかりばれてくれる様ですから、「店員が見てなきゃいいや」ってのもやめておきましょう。
平和に勝つのが一番です。
ライダー程度で止め打ち禁止ってのは個人的にはあまり納得行きませんが、セブン機でステージ止めしてるだけでも店によっては注意されたりしますから、打ち手としては、まあどうしようもない事です。穏便にやりましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/31-9b295b5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。