スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこたぬ吉くん攻略1 寄り釘 

ポイントはライダーと大体同じですが、せっかく画像も作ったのでたぬ吉くんの寄り釘を見て行こうと思います。せっかくだから。
と言うわけでまずは寄り釘の全体画像を見てください。

寄り釘全体
ライダーと比較するとマイナーチェンジした点がいくつかあります。役物の性格と合わせて解説していきます。

風車周辺
まずは風車周辺です。とりあえずは風車上の一本釘ですね。ここに流れてきた玉を左右に振り分ける働きです。無調整以下だと心許無いですから、左に調整されている台を探しましょう。 次に谷釘の下ですね。これが下側を向いていると、左に流れる無駄玉が減ります。右下向きならベストですね。反対側も同様です。若干のマイナス程度までは許容できるかどうか、と言う所です。
続いて風車です。これも左を向いていると風車からの流れがよくなります。無調整ならばともかく右を向いているようだとマズイですね。別の台を当たりましょう。

羽根周辺
続いて羽根周辺です。
まず右上方の黄色に塗った釘です。トータルの拾いで言えば左向きでも右向きでも構わないのですが、たぬ吉の役物は拾いのタイミングも玉自体の速度も、ある程度スピードに特化した玉に有利な感があります。ですので、風車からのダイレクトな流れを生かせる右向き、特に右上向きがベストだと思います。
もっとも、これは風車からの流れが抜群の場合に限った事で、そうでないなら無調整で構いません。ブッコミからの流れに頼る場合は左向きの方が安定するでしょう。

続いてその下の赤く塗った釘です。これも風車からの流れを阻害しないように左向きが好ましいですね。ポケット経由の大当りを狙う場合は左下向きがベストだとは思うのですが、左上向きの調整の場合、ブッコミからの無駄玉をそこそこ減らせる感じで、イレギュラー等も込み込みの価値で考えるとこちらに軍配が上がるかもしれません。

続いて、羽根の左上の方にある赤く塗った2連釘です。
これは羽根から遠ざかろうとする玉を再度羽に押し流す働きの釘です。上方の釘は左上、下方の釘は右下を向いて羽根への流れを作るのがベストです。ことに大当り中は八面六臂の大活躍を見せてくれます。ここがプラスかマイナスか出玉量は大きく変わってくるでしょう。大事な釘です。

続いて風車下の赤く囲んだ釘です。ライダーと大きく変わったところですね。
風車から左にこぼれた玉を受け止めてくれる感じです。そうしてみると羽根脇の2連釘と同様の調整が良いと言うのはおわかりいただけるでしょう。ここがしっかりプラスで羽根までの流れを作ってくれれば、相応に無駄玉が減ってくれます。最後に二つの2連釘の中間に位置する青く塗った釘です。ライダーにも同様の釘はありましたが、風車下の2連釘の釘の存在、風車からの距離が若干離れた事によって、ライダーよりは存在感が上がった格好です。ここが右下に調整されていれば、羽根から遠ざかろうとする玉を受け止めつつ、風車上からのこぼれ玉を羽根に流すという良い仕事をしてくれるでしょう。下図がそれのイメージですね。
流れ
ただし実際問題、この辺の釘は風車、風車上がしっかりとプラス調整ならば、あまり活躍の機会は多くは無いでしょうし、この辺の釘に頼る局面が増えるのはいただけません。特に風車上の谷を左に抜けてくる玉が多いと言うのは明らかによろしくない事柄です。加えて、たぬ吉の役物内の当否を左右するファクターはスピードに特化した部分がありますから、この辺を抜けて行って拾われても、スピード的にもタイミング的にもあまり芳しく無い事が多いでしょう。あくまで縁の下的な存在で時々活躍してくれれば良いかな、と言うポジションです。
逆に、他の部分の調整がしっかりしていてこの辺りもバッチリ、と言うのであれば、それはもう精魂込めて作られた優秀台の可能性が高いんじゃないでしょうか。

とりあえず寄り釘はこんな所ですね。やはり風車上と羽根脇の2連釘辺りに重点を置いて見ていくと良いかなと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/30-e0a1ecd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。