スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ミラクルカーペット攻略2 寄り釘2 

さて、前回は風車周りの寄り釘を見て行きましたが、風車から三角地帯を抜けて、というコースは実際の拾いの量としてはメインにはならないと思います。と言うのも前回解説したり「拾われれば熱い」んですが、単純にタイミングがシビアになるので拾われづらいからです。
もう一点、ここをメインでスパスパ拾われるような調整にしたら何発出るかわからないからです。
と言って風車回りが死んでいればかなり勝ちづらいのも現実です。
その辺が少しでもプラスになっている台を選ぶ事を前提として、他の釘を見ていきましょう。
基本的にはブッコミ狙いになる事が多いと思います。
ブッコミ
ここが開いていれば、そこそこ勝負しやすいですね。
基本的には図の様に間隔を広げつつ、右に散る玉を減らしてくれる調整がベストです。少しでも広がっていれば、まあ良いかという感じです。
続いて他の釘なんですが、クドクドと一本一本見ていくよりも流れで理解した方が早いと思いますので下図参照。
流れ
生かしたい流れを赤、殺したい流れを青で記してみました。単純に羽根から遠ざかろうとする玉を減らしたいのが主眼で、加えて羽根に寄る玉のスピードを活かしたいという事です。これを踏まえた上で、下図をご覧下さい。理想的な調整と思われるものを図解してみました。
割と理想
とにかく可能な限りスピードを殺さないような調整がされていれば良いです。
釘が多くてどれも地味なので、重きを置くべき釘が見つけづらいですね。ブッコミと羽根真上の2連釘の上の方が少しでもプラス調整になっていれば、勝負できるかなというイメージですね。2連釘が交差するように調整されてると良い感じです。ですが、ミラカペの釘は重要な釘1本でどうこうと言うよりも積み重ねと流れで成り立っていると考えたほうが良いでしょう。全体のバランスを見て打つべきかどうかを考えてください。
すべてが理想的な調整と言うのは店が余程本気を出さない限りありませんから、全体のバランスとして「強いて言えばどれを選ぶか」と言うのが、日常的な台の選択になると思いますが、どの台を選んでどの台を捨てればいいかと言うのが経験次第でわかってくると思います。まあ、勿論トータルとして打てる台が無ければ素直に帰る、あるいは店を移ると言うのも経験の為せる業です。
とりあえず寄り釘に関してはこんな所ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/27-05a50b1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。