スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこ仮面ライダー攻略8 ストローク 

もうすぐ終わりそうでまだまだ続きそうな気もするライダー解説ですが、今回はストロークについてやってみようと思います。
解説の前に注意しておきたいのは、ストロークと言うのはそれなりに重要な要素ではありますが、釘や役物のデキと言った部分に明白な差があれば、それを覆すほどの力は持っていないと考えたほうが無難だと言う事です。
「ちょっとストロークを変えてみたら、続け様に当たった」なんて成功体験がたまたまあると、ストローク偏重の考えに陥りがちですが、個人的には重要度は釘、役物より明らかに低い程度のファクターだと思います。
別にストロークの重要性を無視する訳ではありませんが、良台を適当に打って勝つほうが、並台を必死にストローク調整しながら打って勝つよりは余程楽ですしね。
まあ、そんな身も蓋も無い前置きをしつつ、ストロークを考えていきましょう。
とりあえず狙い所として考えられるメジャーなポイントをいつも通り3つほど挙げてみました。
ストローク1
まずはAコースからです。
いわゆるチョロ打ちです。ここを上手く抜けて行ってくれれば、大抵羽根に寄ってくれますし、流れの向きも悪くないので、狙い所としては悪くありません。
ですが、風車回りの釘がしっかり調整されていないと、風車の左に抜けていく玉が多くなります。すると羽根に寄らないばかりか、落としチャッカーの方にも寄らない完全な死に玉を量産する事になります。
加えて打ち出しの勢い自体が弱くなりますから、通常時はポケットの開閉に今一歩間に合わないようなケースが増える感もあります。
風車上の谷と一本釘がプラス調整ならば試してみる価値はあるかな、と思います。
大当り中は割と安定してくれますね。

続いてBコースですね。羽根の上から落としていく感じになります。
拾いの量自体は悪くないですが、コース的に真上から、あるいは遠ざかる所を拾われるのがメインになりますので、スピードには欠けますね。
役物のネカセがよければ物量勝負ってな感じで良いかもしれません。羽根脇の2連釘がプラスならばそれなりにいけるかなと言う感じですね。

最後にCコースです。
いわゆるブッコミ狙いですね。ブッコミ狙いがセオリーになる羽根物は多いですが、ライダーの場合はあまり理想的な流れにはなりませんね。
あえて線とかは引きませんので想像しながら見て行って欲しいんですが、基本的にブッコミを抜けても「逃げながら寄る」と言う感じになりますね。
羽根の内側に触れながらも外に弾かれたり、拾われそうで拾われないケースが頻発するでしょう。ブッコミを抜けなかった玉に関しても大きく右に散っていく玉が増えますから、安定感に欠けます。
ただ左に跳ね返った玉は、大抵風車上の谷付近に流れて行きますので、そこを抜けてさえくれれば玉自体の勢いとあいまって拾いとしては面白い感じになりますね。
それに羽根周辺の寄り釘が左向きならば、逃げる玉を羽根の方に押し返す働きをしてくれますので、寄りが悪くなるかと言えばさほどでも無いですね。
実際の拾いとしては、閉じる羽根に「思いっきり弾かれながら拾われる」ケースが増えるので、役物内での勢いが思いのほか楽しめたりします。
まあ、ここを狙う場合は2連釘がプラスになっているのが必須だと思います。

個人的には下図の様に一旦跳ね返らせてから、風車を通すのが好きです。
ちょっと強めに打ちたいんだけど、風車を通したい、と言う折衷案みたいな感じですかね。実際この辺を狙ってる人が多いんじゃないでしょうか。
ストローク2
基本的な流れを見てきましたが、ベストストロークと言うのは一義的に決められるものではありませんので、バネムラや釘と相談しつつ色々と試してみるのが良いでしょう。
今一つ、中身が無い気がしますが、ストロークに関してはひとまずこんなもんです。

スポンサーサイト

コメント

質問してもよろしいですか?

昨日からですが大変興味深く拝見させていただいてます。
ところで私がハネモノを打つ際に気になることがあるのです。
それは鳴いた際、タイミングによって全然拾わなかったり、またよく拾うということがよく起きるということです。
そこで、よく拾ってもらうためのタイミング、またはコツというのはあるのでしょうか??
ご指導の程よろしくお願いいたします。

ノブさん江

タイミングってよりは運と言い換えた方が適切かなと思います。
ちょっとした打ち出しのタイミングの違い、バネのご機嫌と言ったことで、玉の流れも勢いも大幅に変わりますし、コンマ数秒以下の違いで結果が激変するものですから、やたら拾ったりやたら拾わなかったりと言う事が起こるのはむしろ自然な事です。そう言った一時的な好不調
は気にせずに、晩ご飯の献立でも考えていた方が建設的です。
ひとまずは釘をしっかり見て、また総体として玉がしっかり羽根に寄っているのかどうかを認識するのが大事です。

なるほど

丁寧な説明ありがとうございます!
また質問させてもらう時があると思いますが、よろしくお願いします!

いえいえ

答えられる質問には答えますんでお気軽にどうぞ。まあ追記ですが、鳴き200回程度で台自体の拾い性能±20個程度の誤差は日常的に出ると考えておくのが無難だと思います。それだけ見た目の拾いムラはでかいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/24-b5fcbfef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。