スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこ仮面ライダー攻略6 役物3 

ライダーの役物の解説も3回目ですね。
今回はベルトのポケットの第2開放でポケットに入るパターンを見ていきたいと思います。
当たりの内訳では第2開放でポケットに入るケースが一番多くなると思います。正確な統計は取っていないのでわかりませんが、感覚的には6~7割と言った所でしょうか。

タイミング的に、実際に当たるのは「普通のタイミングで拾われて、遅めに向った玉」「遅めに向って早く向った玉」の様な感じになります。
では、一番多いケースであろう「普通のタイミングで拾われて、遅めに向った玉」から見ていきましょう。

まず「普通に拾われて」というタイミングですが、「羽根がちょうど全開位の時とその前後」と考えてください。構造的に考えても拾われる玉の割合の高いタイミングですね。続いて、「遅めに向う」というタイミングです。役物内に進入してからポケットに向うまでに何らかのロスがあった場合、という感じになります。
ここでもう一度、前回も提示した役物と拾いのコースのおおまかな内訳の画像を見てみましょう。



基本的には前回のおさらいの様な形になります。拾いのコースと役物内で取りやすいコースが対応しています。

「遅めに向う」場合には上に記した役物画像側のBのコースがメインになるかと思います。
前回も解説した通り、役物に対して斜めから拾われた玉、羽根の横側から羽根の内辺を上手く転がるようにして拾われた玉が取りやすいコースです。
ある程度のスピードと横向きのベクトルを保持したまま役物に進入してきた玉が取りやすいコースです。
つまり、羽根がちょうど全開位のタイミングで拾われた玉がBのコースを取ると当ってくれやすいという事になります。
余程、玉にスピードが付き過ぎたケース以外ではタイミング的には大体合ってくれます。
拾われた玉が横に向ったら上手く跳ね返ってくる事を祈りましょう。後はコース次第です。
全体の大当りの中でも占める割合の高いパターンですね。

続いてCのコースを取る場合です。
拾われる際、羽根の上に「ボトッ」と落ちるような感じで拾われた玉は、完全に勢いを殺されて役物内に進入する割合が高くなります。
そうなると、後は透明板の傾斜にまかせてゆっくりと回転体に向うような感じになりますが、その時に玉が落下した地点で「かなりもたつく」時があります。感覚的に言えば「とどまる」ような感じです。透明板の手前側に「戻ろう」とするような力がかかっている状態と言えば分かりやすいかもしれません。
この時が「遅めに向う」という事だと思ってください。妙にもたついたら回転体に飲み込まれなければちょっとチャンスです。
実際には狙ってどうにかなるものではありませんし、このパターンでしか当たらない台は基本的に駄目な台です。パンクもしやすいでしょう。

続いて「遅めに拾われて、速く向った玉」ですね。
これはほとんどAコースの専売です。
まず「遅めに拾われて」のタイミングです。これは羽根がちょうど戻る途中、可動域の半分位まで戻った位のタイミングですかね。
斜めからスパッと羽根に向う玉が多ければ、拾われるチャンスもそれなりにあるタイミングです。
そして「速く向う」と言うのは、これはまさに前回の第1開放での当たりで解説した通りです。
復習しましょう。
拾われた玉が、横に向う力があまり強く無く、且つスピードがある時のコースです。「スパッと」拾われて「スパッ」とベルトに向った時です。
要するに第1開放での当たり方をそのまま拾いのタイミングだけスライドさせたような感じになります。
実際にこのパターンで当たる場合、「ああ拾われなかったか」と思う位のタイミングで飛び込んできて当たるような感じになりますね。
これも前回解説した第1開放での当たり同様、メインではありませんが、良台ならではの上積みになります。

以上が2回目の開放での主な当たりパターンになりますね。
実際には羽根内に拾われてから、役物にそのまま入らずに上部の蓋の部分で右往左往したり、2個拾いでファンタスティックな説明し難い動きをしたり、ともう少し様々なパターンがありますが、それらは全てイレギュラー的で敢えて解説する類の物でもないと思うので特に言及しません。

続いて3回目の開放での当たりパターンと行きたい所ですが、実際にはこれもほとんどイレギュラーな出来事です。釘や癖も関係有ると言えば有るのですが、ほとんどおまけみたいなのものです。
グダグダ解説するよりも実際にはその目で見て楽しんでいただきたいですし、攻略要素もほぼ有りませんのでやめておく事にします。
そんな訳で今回はこの辺りで終了です。
次回は役物のネカセとその影響について考えて行きたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/14-c6b6ba2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。