スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽根物 ぱちんこたぬ吉くん 所感 

実際にプレイして感じた事等をまとめてみようと思います。
まだ5,6台ほどしか打ってませんので横の比較や台自体に対する考察が不十分かもしれませんがご容赦ください。

とりあえずライダーと比較しながら大きな点をいくつか。
1.役物の構成
以前の様に回転体の向きが横向きに変わりました。これに因って、回転体に吸い込まれる玉が減ったようです。それに伴ってポケットの動作も初代に近くなりました。1回目の開放と2回目の開放の間がだいぶ空く事でライダーでメインだった2回目の開放時のポケットインが減りました。
またパンクが無くなった事の絡みもあるのでしょうが、V入賞口から突起が無くなってイレギュラー入賞が増加しました。
トータルで言うと甘いのか辛いのか今の段階では判じかねる感じです。

2.筐体の変更
これは痛いですね。ハンドル固定がしづらくなった上に、固定しても今一つゆるいので、一旦手を離すと弾道がずれます。ストップボタンも使いづらいです。
ライダーの優れた点の一つだったハンドル固定のしやすさとバネの安定性がだいぶ損なわれました。
ただ前の筐体は玉の射出、賞球の配給共にトラブルが多い筐体だったので致し方無いことかなと思います。

3.鳴き回りのゲージ
ハカマ上の風車の上に余計な釘が一本付きました。これに因ってチャッカー入賞率自体は落ちました。ですが、鳴きに保留が付きましたので、足釘、ハカマ回りの調整が同じなら実際の鳴き数はほとんど変わらないような感じです。
ただし、見るべき釘が増えたのは面倒臭い問題です。

こんな所でしょうか。
役物についてもう少し踏み込んでみてみます。
基本的にポケット経由で大当りする玉は「早く拾われて速くポケットに向った玉」です。透明板の傾斜がきつくなったのか、役物内での動きがだいぶ速くなったせいで、拾い自体のタイミングがそこそこでも期待が持てるのはいいですが、やはり寄り釘がプラスになっていないとなかなか厳しいです。
ライダーでメインに近い存在だった、「逆サイドに一旦跳ね返ってのポケットイン」もだいぶ減りました。かなり遅めに拾われるか、ポケット近くの突起に跳ね返るとか、イレギュラーなもたつきが無いと2回目の開放が間に合いません。回転体に拾われる頻度が減ったのを差し引いてもポケット経由の入賞はだいぶ減ったと思います。
変わりに増えたのがイレギュラー入賞です。ポケットにぶつかって下に落ちた玉が真っ直ぐ落ちて、そのまま入賞口に入ると言うのが主なパターンですね。
前作でも有った壁から跳ね返ってきての入賞もそれなりにあります。
台によっては6割程度がイレギュラー入賞になりそうです。

ただ、今のところ横の比較がいまいち出来ていませんが、イレギュラー入賞が増えたと言ってもライダーの様にクセによって差があるというあまり感じがしません。正規入賞に関しても然りです。
ライダーの場合、役物内での玉の動きが遅い事、回転体に吸い込まれる玉の比率が高い事、パンクと自力継続の存在、クセに因ってイレギュラー入賞が「ほとんど無いレベル」から「そこそこある」までの幅があること、等からクセやネカセは重要でした。ネカセがよければ玉のスピードは上がるし、回転体から逃げ切れる可能性も上がるし、パンクも減るし、イレギュラーもあるし、と。
しかし、このたぬ吉くんでは元から役物内でのスピードが高く、回転体自体つかまりにくい形ですし、イレギュラーもそこそこあるように設計されています。パンクも自力継続もありません。となるといくらクセが良いとは言ってもあまり大きな上積みは見えてこないのが現実です。

結局は大きな差になるのはポケット経由の正規入賞でしょう。
では、その差を産む物はなんだ、と言ったら当然クギです。
早めにしろ、ギリギリの遅拾いにしろ、ポケット経由の入賞確率を上げる為には、スピードを持った玉が綺麗に羽根に流れてくる頻度が多くなければいけませんし、その為には寄り釘が良いことが必須です。単純に拾いの数よりも玉の拾われ方のクォリティーが求められます。
そんな訳で今のところ単純にクギ依存度が高まった機種だと言う感じを持っています。
無論、時短やら直撃やらで短いスパンでの勝負は極めて荒くなっていますので、良台だからと言って必ず勝てるかと言えばそうではありませんが、癖に左右されない台の方が知らない店、打った事の無い個体での一発勝負がしやすいのは確かです。
短期的には運、長期的には釘への依存度が高まった台、と言う認識です。

以上の理由から釘にメリハリを付けてくれる店を知っている人にとっては勝ちやすい台かなあ、と思っています。釘だけ見ればいいってのはプロ向きかもしれません。ただ、自分が現役の頃だったらこんな波の荒い台を金の為に打つのはしんどいなあ、と思ったでしょうね。同じく波の荒いミラクルカーペットもしばらく専業の人には人気がありませんでしたし。なんだかんだで美味しい機種ですから、今ではほとんどミラクルカーペットしか打っていない専業の方を何人か知っていますが。そういう意味で一般の方も割に勝ちやすいんじゃないかな、と今のところ考えています。良台が捨てられる頻度も高いでしょうしね。
重要なのは良台ならば追加投資を恐れないマインドと、ダメな台ならとっとと捨てる見極めです。

と、まあ長々と書いてきましたが、一週間後には思いっきり意見が変わってるかもしれませんので、その時はどうか笑って許してください。

後、寄り釘はライダーと大体同じです。
釘に関してはこちらをどうぞ。
羽根物 ぱちんこたぬ吉くん攻略1 寄り釘

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://appleshine.blog34.fc2.com/tb.php/10-b87a5d0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。